光脱毛は永久脱毛にはならないの?

脱毛に関する情報を提供しているウェブサイトには光脱毛は永久脱毛ではありません、と記載されています。
永久脱毛ということが出来るのは、医療レーザー脱毛に限定されています。
医療レーザー脱毛は医師や看護師の国家資格を取得している人でなければ施術を行うことが出来ません。
1回の施術で高い効果を得ることはできますが、施術の際に痛みが生じたり、軽い火傷のような状態になってしまうこともあるので、お肌が弱い人にはデメリットとなることもあります。
副作用に関する情報もしっかりとチェックをした上で施術を受けるのかどうか、ということも考えておく必要があります。

光脱毛は永久脱毛ではありませんが、施術を受ければほぼムダ毛が生えてこなくなります。
半永久脱毛と言われています。
高い効果を得ることは出来るのですが、施術を受けて10年後、20年後の状態を追跡してチェックをすることが出来ないということがあるため本当に永久脱毛となるのかどうか分からない、ということもあります。
光脱毛は比較的新しい脱毛方法なので、効果を確認することが出来ないということがあるのです。

また光脱毛を受けたことによって、全くムダ毛が生えて来なくなったという人もいます。
肌質やムダ毛の質によっても違いが出てくるであろう、と考えることが出来るのです。
肌質やムダ毛の質には個人差もあるため、施術を受けた人が全員必ずしも永久脱毛になるとは限らないのです。

光脱毛は医療レーザー脱毛とは異なり、毛頭細胞を破壊する施術ではありません。
毛頭細胞を破壊することによって、ムダ毛が生えて来ない状態にすることはできます。
光脱毛の場合にはこのムダ毛の元となる毛頭細胞を破壊するというところまでは到達させることが出来ないので、永久脱毛にはならないのです。

光脱毛は新しい脱毛方法なので、永久脱毛になるのかどうかハッキリしないということですが、今度年月を重ねて施術の効果を追跡することによって、どれくらいの効果を得られることが出来るのか、ということをチェックすることも出来るでしょう。
医療レーザー脱毛ほどの効果はなくても、痛みもありませんし、半永久脱毛という形で処理をすることが出来ると言われているので、光脱毛を選択してみるのもよいでしょう。
なにより、医療レーザー脱毛よりも光脱毛のほうが施術を受けることが出来るサロンの数が多いので、通える範囲のサロンを選ぶことも出来るでしょう。
定期的に通って施術を受ける必要があるので、通いやすさも重要なポイントです。